minto.通信
2019年01月10日

minto.通信

意外な弱点も!?前澤社長を"深層心理"で丸裸に解き明かす!

✔︎
注目の前澤社長を深層心理で解き明かす!
✔︎
twitterから現れている深層心理とは?
✔︎
意外な弱点も!?
✔︎
前澤社長を徹底解説!!
剛力彩芽さんとの交際報道に月旅行・・・それだけでも充分すぎる話題なのにも関わらず、年明けのお年玉企画でリツイート数世界一になったZOZOTOWN前澤社長。

そんな前澤社長の"深層心理"・・・
気になりますよね?

メンタリストsatoshiがわかりやすく解説していきます。

前澤社長のツイートの深層心理とは?

先日のお年玉企画で"総額1億円"という規格外の企画を打ち出し、そのツイートがリツイート世界一になったのは皆さんの記憶にも新しいと思います。

一代でZOZOTOWNを企業価値1兆円にし、もちろんお金持ち。

フェラーリなどの高級車を3台、プライベートジェット機も所有する前澤社長。
そんな彼のツイートを見ると「なるほどな」と納得するものがありました。

それはずばり「ポジティブワード」を使いまくるです。

社会的・経済的な地位が高い人ほど「ポジティブな内容をつぶやく」傾向にあります。

前澤社長のツイートからも見事に
「楽しい」「おもしろい」「わくわく」などの言葉が多いのです。

ここからわかる深層心理は・・・

"日常において変化を常に求め、現状維持が嫌い。物事を判断するときは自分自身がどう感じるか(特に楽しいかどうか)が決め手ということ"

です。

考えることが多く、非常にクリエイティブな前澤社長。その発想はこういう深層心理から来ているものと言っても過言ではないでしょう。

一点集中型!妥協しないストイックさ

僕が前澤社長のツイートや映像を見て心理分析した結果、一番強く感じとれたこと。

それは、
"これ"と決めたときの良い意味で"諦めの悪さ"と"集中力"です。

2018年10月26日にてTwitterにて、

「拘束されていた安田さんが解放され助かった。本当に良かった。けれど忘れてはいけない。2015年1月の後藤さんと湯川さん、2004年10月の香田さん、三人とも助からなかった。いずれも身代金要求に日本政府は応じなかった。人命より、テロとは交渉しないという姿勢を優先した。人命<姿勢???」

という内容の投稿。

その後テロの話題で衆議院議員の丸山ほだか氏とTwitter上で激論。

徹底して意見を聞きながら、ご自身の意見も熱く述べていました。

その日は丸山氏を含め、テロや世界平和についての投稿で前澤社長のタイムラインは埋まっていました。

「これと決めたら満足するまで徹底する」そんな姿勢がTwitterにて垣間見えました。

前澤社長ならではの"懐の広さ"

あれだけの著名人なのでよくネット上では叩かれているようで、Twitterでも前澤社長に対し、心無い投稿も目立ちます。


しかし、彼の凄いところは、
批判を気にしていないどころか、"意見として取り入れている"ことです。

これはもはや前澤社長の代名詞なのではないでしょうか。

ある出来事の批判に対し、「ZOZOTOWNに入社して、一緒にサービスを変えませんか?」と返信したこともあります。

考えられますかこれ?
皆さん出来ますかこれ?

自社のサービスやアイディアに対して本気で向き合っていて、なおかつ批判を意見として捉える。この2つが無いと出来ないものだと思います。

「生涯勉強。現状維持したらダメ。常に思考のアンテナを張り、アイディアやサービスに繋げる」そんな心の声が聞こえてくるようです。

几帳面でマメ、でも意外に○○!?

そして、前澤社長の"弱点"についても。

YOUTUBE上に公開されている日本経済新聞のインタビューでの出来事。

話している最中に気になったのか机の上にあったネームプレートのような物の位置を直していました。

普通インタビュー最中は自分の話す内容に必死だったり、テーブルの上の物の位置など気になりません。

ここから見える深層心理は"几帳面でマメ"

思考の視野が広く、物事を俯瞰して見れるタイプと言えます。時間に厳しく、スケジュールが狂うのが嫌いです。さらにこのタイプは"熱しやすく冷めやすい"のも特徴。

あれだけの企業を運営させるには必須の心理なのかもしれません。

そんな日本を代表する起業家の前澤社長ですが、

「人前でスピーチするのが少し苦手」かもしれません。

先程と同じ日本経済新聞のインタビュー時に"唇を舐める"シーンがそこそこ多かったです。

これは緊張時や嘘を付いているときに出る仕草なのです。

緊張すると口が乾きます。それを無意識に潤そうとこの仕草が出る訳です。

このインタビューでは嘘を付くような場面ではないので、緊張し、無意識に唇を舐めていた可能性がかなり高いです。

ちなみに新年のミヤネ屋のインタビューでもこの仕草が多く見られました。

完璧人間に見える前澤社長でも苦手なことがあるようです。勝手ながら親近感が湧きますね。

最後に

さあいかがでしたか?

今をときめくZOZOTOWN前澤社長。そんな彼の深層心理を知ることで「特別なのではなく、少しの違いでしかない」ということに気がつくはずです。

メンタリストsatoshi

パニック障害、自殺未遂を乗り越え、自身の経験や心理学を伝えて活動するカウンセラー。心理学を目に見える表現にすることの重要さを痛感し、メンタリストとしても活動。群馬県を中心にイベントなどでパフォーマンスをする。

関連記事