minto.通信
2018年07月13日

minto.通信

クラウドファンディングで出会った台湾・花蓮の魅力。

✔︎
クラウドファンディングで被災地支援!台湾・花蓮へ
✔︎
フォトジェニックな花蓮の大自然、夜は400店舗が並ぶ夜市も!
✔︎
日本人にオススメ☆ランチにおうちカレー
✔︎
夏の台湾にはフルーツが沢山!インスタ映え必須『GOCHA BAR』
今年2月に起きた台湾・花蓮での大地震。日本では花蓮の震災復興支援の募金が沢山行われていました。
しかし、現地の人たちの声は、『花蓮市内は綺麗に整地され安全なので、観光に足を運んでほしい』というものでした。
ビルが倒壊した画像が出回り、危険なイメージが観光客の足を減らし、風評被害を生み、このままでは花蓮の観光業での失業者は2000人と言われています。

そこで私は【クラウドファンディング】で支援金を募り、集めた支援金111,200円を持ち、台湾・花蓮へ飛び立ちました。

現地でお金を使い''観光業"を盛り上げる目的と同時に、楽しく遊べる事を私なりに発信しなくてはいけないと強くて思い、旅は始まりました。

この記事を見てくれた方が花蓮への旅行に興味を持って頂ければ嬉しいです!

【迫力満点の大自然・太魯閣渓谷】

台湾随一の絶景ポイントと言われるタロコ渓谷。
圧倒的な大自然を感じれる絶景スポットです。タロコ渓谷では今回の震災に関わらず、常に落石注意な危険地帯ですので、案内して下さる方がヘルメットを貸して下さいます。

そんなありのままの大自然を是非、一生のうちに一度は見て頂きたいです!
今回の旅では全て写真はスマホで撮影していますが、スマホの写真でもこの迫力を感じて頂けるかと思います。
是非この大自然に生で圧倒されてみて下さい!

【本場の手作りフルーツジュースのお店】

夏の台湾には美味しいフルーツが沢山!

台北にある手作りフルーツジュースのお店『GOCHA BAR』に行ってみました。
今回はマンゴーとドラゴンフルーツのジュースをオーダーしてみました。見た目も可愛く、フォトジェニック必須スポット!!
ひとつひとつが手作りで、店員さんが丁寧に盛り付けをされていました。他にも苺やスイカ、パイナップルなどカラフルで可愛いジュースが沢山ありました。

人気店のようで人が結構並んでいましたので、お時間ある時に是非立ち寄ってみて下さい!

【GOCAHA BAR】
台北市中山北路一段140巷49号

【日本人にオススメ!花蓮のカレー屋さん】

日本人にオススメ。おうちカレーのような馴染みの味でした!
夜ごはんに夜市を楽しむ方が多いと思うのですが、ソウルフードの味はやはり日本では馴染みの無い味なので...昼食にこういった食べなれた物を食べると安心感があります。
店員さんは日本語でオーダーを取って下さり、とても親切でした!

【花蓮最大の夜市・東大門夜市】

400ものお店が並ぶ、花蓮最大の夜市。
地震の影響でしょうか...賑やかな雰囲気とは裏腹に、混雑は見られませんでした。
ゆっくり夜市を回れるかと思いますので、是非この機会に今こそ行って頂きたいです!


■飴ほあた(絵描き・デザイナー)
1993年11月26日生まれ。
イラストレーター・デザイナーの枠に留まらずSNSでの活動を中心に、
クラウドファンディングでの資金調達などで話題を呼んでいる。
数々の有名人のグッズや広告デザインを担当している。

最後に

今回はじめて実際に現地へ行き感じたこと。それは、やはり、懸念されていた観光業への風評被害です。観光する人の数が少ない...そうわたしの目に写りました。
しかし、街はすっかり整備さていて地震があったことさえ忘れてしまうような綺麗な街並みでした。

私にとって、初めての被災地支援でした。今回は被災地を観光する事が支援になるという特殊なケースでしたが、他にも災害は日本国内でも沢山起こっています。

【被災地への支援で自分たちができる事は何なのか?】
デリケートな問題なので、答えを出すのは容易ではありません。ひとつひとつの出来事に向き合い、自分にできる事を今後も考えて行きたいです。

是非これを機に皆さんも台湾・花蓮を訪れてみて下さい!そして"クラウドファンディング"を知ってるだけではなく行動に移せていただけたら嬉しいです。

関連記事