美容・ダイエット
2017年10月03日

渋谷のセラピストによる「秘密のセルフケア&体内美容術」

顔のむくみにも効果あり!?簡単♡肩こりのセルフケア

✔︎
首肩こりはむくみの敵!
✔︎
実はスマホの使い過ぎも危険!?
✔︎
セラピストがセルフケアを伝授♡
少しずつ気温が下がるこの時期。
冬になると厚着をして余計に肩が凝る…
そうなる前に、今から少しずつケアをして、冬の肩こりに備えましょう!

肩こりは筋肉が緊張し、血の巡りが悪くなることで起こります。
冬に重いコートを羽織っていると、やっぱり首肩は無意識に変なチカラが入ってしまうので、かたまりやすくなってしまいます。
さらに体が冷えるので、より血の巡りは悪くなってしまいますよね。

冬でなくても、特にスマホを常に見てしまう人は要注意!
スマホを見ている時の首にはかなりの負担がかかっています。

首や肩がこると顔の老廃物も滞ってしまうので顔もむくみがちに…

首や肩のコリを解消して、さらに顔もスッキリさせちゃいましょう!
今回は首肩周りのほぐし方を伝授いたします。

STEP①まずは脇からほぐします

肩のコリなのに、脇??と思うかもしれませんが、実は脇は肩こりにすごく関係している場所。
肩が凝るから固まっているのは肩だけ、そんなことはありません。

脇の真ん中に親指を置いて、残りの四指で脇の筋肉を挟みます。
脇周辺をまんべんなくほぐしていきましょう。
ちょっと痛みを感じる方は、なるべく頻繁に脇をほぐす習慣をつけることをお勧めいたします。

STEP② 肩のツボ押し肩流し

首の付け根から肩にかけてのラインを刺激していきます。
①首の付け根②付け根と肩の真ん中③肩の骨のギリギリ手前
この3点を気持ち良いくらいの強さでぐーっと。
①②③を3回指圧したら次は、耳の下から肩にかけてさするように流していきます。

特にむくみが気になる方は、そのまま鎖骨までしっかり流してくださいね。

STEP③肩周りほぐし

肩甲骨から鎖骨に向かってほぐします。
肩に手を引っ掛けてぐーっと前に流します。
ゴールは鎖骨のくぼみあたり。
手が届く方はなるべく後ろから流すとgood!

STEP④ 首をゆるめてツボを刺激!

首の付け根から頭の付け根まで、くるくる回しながら上がっていきます。
頭の付け根にたどり着いたらぐーっと指圧。
頭の付け根には首肩こりのツボが。
頭の付け根を少しずつずらして3点ほど指圧してください。

最後に

いかがでしたか?
ポイントは、ツボがどこかと難しく考えずに気持ち良いポイントを自分で見つけることです!
ツボは刺激すると、あ、効いてる、と感じる場所にあったりします。
「ちゃんとツボの位置をしっかり押さなきゃ意味ないんじゃない?」と思うかもしれませんが、それは慣れてからでも良いと私は思います。
難しく考えたら余計に肩が凝ってしまいますからね!

肩こりは身体を冷やさないことも大前提!
冬になって身体が冷えた!凝った!となる前に、今から朝イチの白湯を飲んだり、セルフケアをしたりして本格的な冬に備えましょう♫

関連記事

コラムニスト

渋谷にあるサロンのオーナーセラピスト。 トップセラピストカレッジ卒業 解剖学、精油学などを学び リンパトリートメント、リフレクソロジー、ボディケアのディプロマを取得。 AEAJアロマテラピー検定1.2級。 青山の頭蓋骨エステサロンルーナヴォーで頭蓋骨エステを考案した中西菜穂子のもと、セラピストとして勤務。 2017年独立しGeminiをオープン。タレント、モデル、スポーツ選手などを多数ファンに持つオリジナルメソッドの頭蓋骨エステはもちろん、ボディトリートメントの施術も。

DAILY RANKING