芸能
2017年07月04日

放送作家的「芸能ベタ褒めコラム」

世間は、加藤紗里に対して“嫌よ嫌よも好きのうち“?

✔︎
放送作家的「芸能ベタ褒めコラム」!
✔︎
炎上クイーン加藤紗里さん
✔︎
“嫌よ嫌よも好きのうち“実はみんなハマッている!?

加藤紗里のコメントは確かにイラっとするが…

先日、タレントの加藤紗里さんの高校時代の“卒業アルバムの写真”が、ネット上に流出したことにご本人が激怒していました!
なんでも、「昔の紗里が可愛すぎてみんながドン引きすると思って、1年以上も頑張って隠してきたのに〜」という、なんとも加藤さんらしい理由でこの写真は隠してきていたようです。

しかし、今回の流出も“偽りなんじゃないのか?“などの声も上がっていたよう。
世間は加藤さんに対して“あたり“が強いように感じます。

でも、あたりが強い理由も何となくわからなくも無い訳です…
「昔の紗里が可愛すぎて…」などと平気でコメントしていますが、何となく刺々しいコメントに感じます。

さらには、カープ女子を名乗っているのに、全く広島東洋カープのことを詳しくないことなど…
“加藤さんの言動や行動でイライラしてしまう“ことは、私自身も感じてしまいます。

そんな加藤さんを世間は「いなくなれ!」「テレビに出るな」などと強烈に非難する訳ですが…
私は、そんな非難をすればする程、“世間は加藤さんにハマっていく”のではと考えてしまいます。

一度でもネットで加藤さんについて否定的なコメントを書いた人は
“オマエはもう加藤紗里を欲している!”
そう言いたくて仕方ありません!

加藤紗里は”嫌よ嫌よも好きのうち”

というのも、日本には「嫌よ嫌よも好きのうち」という言葉がありますが、
これが加藤さんに当てはまっているのでは?と思うからです。

加藤さんに否定的な世間ですが、
加藤さんが何かしらのアクションをするたびに
「次はどんな発言をしてくれるんだろう…」
「どんな奇想天外な行動をするんだろう…」とつい期待を持ってしまいませんか?

嫌いになればなるほど、気になっていく…
なんとなく初めて女性に興味を持った時のような感覚ですよね!(笑)
もしかしたら、男性は加藤さんから「初恋」の気持ちを改めて感じていたりして…(ちょっと大げさですが。)

“オマエはもう加藤紗里を欲している!?”

そんな加藤さんをテレビやメディアに出したくないのなら
発言や行動・コメントを全て無視をするという事が一番効果的です。

無視をされ、必要な存在でなくなる程、人間にとって怖いことはありません。
特に”芸能”という人前に出る仕事をしている人ならなおさらです。

ですので、本当に加藤さんが嫌なら
「無視をする」
「相手にしない」
そうすればいいだけのことなのです。

しかし、私自身それがわかっていても…
加藤さんが次に「何をやらかすのか?」が気になって仕方ありません。

結局、私の周りに加藤さんくらい”クレイジー”な行動をしている人も少なく、
自分に害が無いのであれば…ちょっとこのまま見届けたい…
そう思ってしまいます。

そんな私みたいな考えを持っている方も多いのではないでしょうか?
その方々はやはり“オマエはもう加藤紗里を欲している!”
…なんですよね。

関連記事

コラムニスト

太田プロダクションでピン芸人・芦沢教授として活動。 退社後には、タレントJOY とコンビを結成。2009年の解散を機に、 放送作家・芦沢忠助教授へと転身。民放各局・数多くの人気番組を担当中。 また、企業への企画提案や、大手モバイル企業や IT 企業、一部上場企業の CM やイベント企画にも携わり、 IT 企業や一部上場企業からは「コンサル」や「セミナー講師」としての依頼も多く、幅広く活動中。

DAILY RANKING