minto.通信
2017年12月02日

"生きる力"インタビュー

#3「生きてるだけで丸儲け」ポジティブライフの創り方とは?

✔︎
レーベル契約終了と新バンド「LULU X」の結成
✔︎
大御所芸能人がしているひとつの共通点
✔︎
「笑うこと」が運んでくるもの
✔︎
デビューの時に言われた父親からの一言
生きる力インタビューは、第1回目にインタビューをさせていただいた巻誠一郎選手が設立した「YOUR ACTION KUMAMOTO」とコラボした連載になっています。
様々な著名人の方に、「生きる力」をテーマにインタビューをしています。
三週にわたってお届けしてきたIMALUさんのインタビュー。最終回となる今回は、仕事や家族に対して今、思うことについてお話ししていただきます。

転機をチャンスに

最初に所属していたレーベルと契約を終了したときに、こういう転機を自分のやりたいことができるチャンスに変えていきたいって感じたんです。ラジオだったり、バラエティだったりもそうですし。音楽についてもフリーでいる良さを活かしていかなきゃもったいないって思いました。契約終了というのはすごく不安もあったのですが、出会いにも恵まれて、昨年からLULU Xという名前でアーティスト活動を始め、新しい形の表現にシフトできたのも自分としてはステップアップでした。

バラエティの出演を通して学んだこと

前回お話しした「A-studio」で、自分が強く感じたことがあるんです。それは大御所のタレントさんたちが共通して「その場にいる全員の目を見て、全員にむかって話す」ということなんです。話を振られた相手に対して言葉を返すっていう方が多いと思うんですけど、ずっとキャリアをはっている方はそこの気遣いが違いました。その気遣いってすごく大事で素敵だって思って、意識するようになりました。鶴瓶さんも含め、たくさんの素晴らしい方に会えたという点でも感謝です。

家族から教わったこと

直接家族から教わったわけではないですが、父親はその場を笑わせたり、笑うっていうことをすごく大事にしている人なので、影響はすごく大きいです。「生きてるだけで丸儲け」っていう私の名前の由来もスーパーポジティブワードなんですけど(笑)笑うことによって楽しい人に出会ったり、自分が前向きになれるっていうことを、父の背中と、過ごしてきた環境の中で学んでいきましたね。

デビューの時に言われた父親からの一言

最初デビューすることになって、記事になることがわかったときに父親から「人の倍努力しろ」って言われましたね。その一言を境にデビューしてから9年間一回も仕事に対してなにか言われたことはないです。
親の名前を出すことは自分の本望ではなかったのですが、大きな波を作ってスタートさせてもらったのはすごくよかったと今は思います。出だしの流れを作ってくれた両親には感謝していますし、尊敬も強くなっています。なのでこれからもより一層がんばらなきゃなって思いますね。

最後に

いかがでしたか。三回にわたってお届けしてきたIMALUさんのインタビュー。ビッグネームのご両親をもち、稀有な環境で過ごす中で見えてきた大事なこと、感じたものについて貴重なお話を伺いました。新バンド「LULU X」の活動についても注目ですね。

関連記事