✔︎
あなたは毎日の睡眠に満足できていますか?
✔︎
不眠症とはどんな症状?
✔︎
質の良い睡眠を得るためのアイデアをご紹介
あなたは「よく眠れた~」とスッキリ目覚めることが週に何日くらいありますか。
毎日の睡眠に満足できているでしょうか。近年のストレス社会では不眠症は増加傾向にあり、日本人の5人に1人が睡眠で休養が取れておらず、何らかの不眠があると言われています。
質の良い眠りはストレスを軽減し免疫力を高めてくれますし、記憶力や集中力にもプラスの影響を与えます。美容効果や老化防止も期待できますよ。

不眠症とはどんな症状のことをいうでしょうか。大きく4つに分けることができます。

不眠症とはどんな症状のことをいうでしょうか。

大きく4つに分けることができます。

①入眠困難
寝ようとしてもなかなか眠りにつくことができない。
寝つきが悪く、布団に入っても寝るまでに何時間も時間がかかってしまう。
考え事をしていたら頭が冴えて眠れなくなる。

②中途覚醒
眠りが浅く夜中に何度も目が覚めてしまう。
トイレにいくためなどの理由無しに夜中の2時3時に目が覚めてしまう。

③早朝覚醒
比較的寝つきがよく夜中に目が覚めることはないが、早朝の4時5時にパッと目が覚めてしまう。
そのまま眠れず起きてしまう。

④熟眠障害
睡眠時間はある程度とれているのにも関わらず、よく眠れたという熟睡感・休養感が得られない。
起きたあと、身体がだるく疲れが取れない感覚がある。満足のいかない睡眠である。


これらの症状が1つだけの人もいれば、4つすべてに当てはまる人もいます。
そして睡眠の問題が1ヵ月以上続く場合、日中に倦怠感や意欲低下、集中力の低下、食欲不振、体調不良など多岐にわたって不調が表れます。

質の良い睡眠を得るためのアイデアを紹介します。

取り入れられそうなものから始めてみましょう。

①寝室は、寝るため「だけ」の部屋にする
②寝るとき以外はベッドや布団の上で過ごさない
③睡眠環境に電子機器を持ち込まない
④リネンの色は薄めの「青」、「黄」、「緑」、「ベージュ」、「白(クリーム色)」
⑤間接照明やアロマを取り入れる
⑥ヒーリングミュージックを流す
⑦就寝時間と起床時間を一定にする(平日と休日の起床時間の差は2時間以内)
⑧朝起きたらカーテンを開け太陽の光を浴びる
⑨たばこは夜に吸わない(本数を減らす)
⑩お酒やカフェイン(コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、ココアなど)を控える
⑪眠る前は「よく眠るぞ」と宣言し深い呼吸を心がける
⑫起きたら大きな声で挨拶する(一人でも自分に「おはよう」と元気よく声をかける)
⑬眠れない時は諦めて寝床から離れる
⑭軽い運動をする(よく歩く)
⑮睡眠グッズを利用し、寝床の温度を調整する
⑯部屋の中を整理して物を減らすことで自律神経(体内機能の働きやリズム)を整える
⑰悩み事を信頼できる家族や友人、専門家に打ち明ける
⑱寝る1時間~2時間前にお風呂につかる
⑲寝る3時間前までに食事を済ませる
⑳趣味を見つけこころを動かす

最後に

【眠るぞ宣言】
 
睡眠に問題を抱えている人をカウンセリングしていて共通していることは、みなさん眠ることに「苦手意識」を持っているということです。「いつも眠れない」、「ここ何年かは熟睡できたことがない」、「また今日も眠れなかったらどうしよう」と眠ることにマイナスなイメージしか持っていません。そして「また今日も全然眠れなかった」、「自分は眠るのが下手」と口にし、レッテルを貼っています。
言葉と口癖はわたしたちの脳と身体そしてこころに大きな影響を与え、プラスにもマイナスにも働きます。脳は発せられた言葉通りに感知してしまうものなのです。本来であれば成功するはずのことも「どうせ上手くいかない」、「わたしには無理…」と諦めていては失敗に終わってしまいます。よく眠れる寝具を購入したところで無駄になってしまうのです。

まずは「今日はよく眠るぞ!」と宣言してみることからはじめましょう。気持ちよさそうに熟睡している自分をイメージするのも良いですね。それから「いつも…」、「昔から…」という言葉は要注意です。眠れない日があっても「たまたまそういう時期なんだ」と考えてみましょう。よく身体を動かして疲れた日、徹夜の翌日、旅館で温泉につかった夜などなど、誰しもぐっすり眠れた経験があるはずです。睡眠の成功体験を見逃して「眠れたことが無い」などと決めつけないように注意が必要ですね。

関連記事

コラムニスト

「やまな mental care office」を東京青山に開設。心の専門家としてストレスケア、ビジネス、恋愛等、日常のありとあらゆる悩みへのカウンセリングを行っている。まだまだカウンセリングに対する偏見の多い日本で、その大切さを伝えるために、テレビ、雑誌などのメディア出演や講演会など、幅広く活動している。著書に、『バカ力』『一瞬で「できる男」と思わせる心理術』『幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法』などがある。

DAILY RANKING