minto.通信
2017年11月25日

"生きる力"インタビュー

#2「生きてるだけで丸儲け」ポジティブライフの創り方とは?

✔︎
夢世界、MTVに飛び込んで
✔︎
芸能界で感じる難しさ
✔︎
鶴瓶さんが教えてくれた「自分らしくいればいい」
生きる力インタビューは、第1回目にインタビューをさせていただいた巻誠一郎選手が設立した「YOUR ACTION KUMAMOTO」とコラボした連載になっています。
様々な著名人の方に、「生きる力」をテーマにインタビューをしています。

前回からお送りしているIMALUさんのインタビュー。第二回目の今回は、芸能界という世界を通して感じたことや、ぶつかった壁、そして乗り越えた先で見えたことを教えていただきます。

夢世界、MTVに飛び込んで

MTVは本当に大好きな番組で、なかでもかっこいいなと思っていたのがアーティストさんのスピーチ。自分の言いたいことだったり、世間で今起こっていることをしっかり自分の言葉で伝えている姿にすごく憧れていました。
ただ、もともと芸能人になりたいという願望もなくて、いつのまにか仕事が始まった感じだったので、最初の二年間くらいはめまぐるしくてまったく記憶にないです。

芸能界で感じる難しさ

今はテレビの仕事を多くもらうようになりましたけど、落ち込んだり悔しい気持ちになることの連続ですね。トークもそうですし。当時は自分が望んでいないお仕事とかもたくさんきたので、音楽しか興味なかった自分としてはドラマや映画への向き合い方が難しかったです。

鶴瓶さんが教えてくれた「自分らしくいればいい」

そんななかで決まった番組が「A-studio」。
一緒に仕事をしていく中で、鶴瓶さんに仕事の方向性についてぽろっと話したんです。そしたら「そのままでいいんや」って。その言葉がぐさっと胸に刺さりました。自分がやりたいように、自分らしくいればいいんだって。そこからすごく気持ちが楽になりました。

最後に

いかがでしたか?
最終回は、仕事を通して感じた大事なことや、家族について思うことを教えていただきます。お楽しみに。

関連記事