✔︎
元アイドル、今は美人妻の佐野量子さん
✔︎
武豊騎手の競馬キャスターとの浮気報道に神対応
✔︎
今も変わらぬ美貌と若さが賞賛の的に……

武豊騎手のスクープが……

80年代アイドルとして人気だった佐野量子さん。八重歯とたれ目がチャームポイントでした。1995年、武豊騎手と結婚して幸せな日々を送っていると思われましたが、常にアドレナリン&テストステロンを放出しているスポーツ選手だからか、夫の浮気報道に悩まされているようです。結婚の会見で「浮気の可能性は?」とレポーターが振った時「大丈夫です!」と武豊氏が答えるのがやたら早かった、その瞬発力が、今となってはこなれすぎているように感じます。

2015年にもフリーキャスター美馬怜子さんとの六本木手つなぎデートをスクープされていました。11月だというのにノースリーブで背中を出した美馬さんの手を、ギラついた笑顔でにぎる武豊氏。いかにもなフェロモンにやられてしまうのは、男としてピュアなのかもしれません。

そして2017年、11月に「FRIDAY」にスクープされたのは23歳年下のタレント・小浦愛との路上キス写真。手つなぎからさらに進んでいます。抱擁、1分ものディープなキス、そして彼女を帰したくなくて手をひっぱる武豊氏。彼女の傘を引っ張ったり、結構強引です。

キス写真についての、武豊氏の言い訳がすごいです。「フランス式のハグみたいなものです」と……。武豊騎手はフランスでも活躍しているので、なんとなくだまされそうになりますが、とにかく浮気慣れしていて、言い訳が瞬時に出てくるようです。
「FRIDAY」の記者に対し「ベロベロだったから」「酔っていてフレンドリーになりすぎた」「軽率でした」と、わりと笑顔で受け答えていた武豊氏の姿に、天才スポーツ選手はハートが強いと思わされました。

記者の直撃中に妻が出てきて、天然応対 

取材中、奥さんの佐野量子さんが玄関先に出てくるという場面がありました。「大丈夫?」「FRIDAYさんだよ」記者が小浦さんとの写真について説明すると「変な写真だと嫌だよね」と言いながら、「というか、二人の写真撮ってください。撮ってもらおうよ」と機転聞かせた佐野量子さん。二人でピースサインして写真に収まりました。武豊氏は目が笑っていなかったのですが……。
 
佐野量子さんの神対応はそれだけではありません。その後、テレビ局からの取材に対し「夫婦の話し合いの中で、夫からその写真(抱擁写真)は見ないで欲しいというので、私も『じゃあ見ないね』っていうことで、その写真は絶対見ませんと主人と約束し、もうこれで解決、この話はなしという風にしました」と話していたそうです。

世の女性は見なくても良い夫や彼のスマホまで見てしまうというのに、写真週刊誌のスクープを夫に言われた通り、見ないままにして問題解決する……。大人のスルー力に感じ入りました。
小浦愛さんも天然キャラだそうですが、佐野量子さんの生まれながらの天然力には勝てなかったということでしょうか。また、武豊騎手が、妻に似ているたれ目の小浦さんに惹かれたというのも、裏を返せば佐野量子さんを愛しているということだと思います。

テストステロン強めの男性はつい若い女に行きがちですが、佐野量子さんもアイドル時代とほとんど変わらず、40代後半とは思えないほど若さを保っています。「FRIDAY」の、玄関先に出てきた写真を見て驚きました。時間は多分夜、夫の帰りを家でひとり待つ妻。結婚して20年以上経つのに、ヘアメイクを完璧にセットしてワンピース姿で家にいるとは、驚異的です。世に「劣化妻」という言葉があり、多くの女性はモッサリした格好でほぼすっぴんで家で旦那を待っていると思われますが、佐野量子さんは違いました。夫が時々浮気しても、また妻のもとに必ず戻ってくるのがわかります。天然だからこそ、男性の本能を察知できるのかもしれません。女として手を抜いてはいけないと教えられたようです。若い女子の存在をちらつかされて、仮想ライバルがいるからこそ、女性は張り合いが出て、キレイになれるのかもしれません。去年の三田寛子さんに続き、天然妻の神対応が話題になり、女の処世術を学ばされました。

最後に

前回の記事紗栄子のサブリミナル女子力はこちらから。

関連記事