✔︎
知っておきたい!スマホの裏技!?
✔︎
水没させてしまった時の処置方法があるなんて!
✔︎
スマホ時代だからこそ役立つ情報を発信していきます。

いつでもどこでもスマホと一緒

今や生活に密着「し過ぎている」と言っても過言ではない「スマホ」。

もはや生活の中で一時も手放せません。

通勤中…仕事中…ご飯の最中…空き時間…就寝前

どんな人より、どんなものよりあなたが常に一緒にいる時間が長いのが、「スマホ」ではないでしょうか?

常に一緒にいるからこそ、起きてしまう問題も多々あるかと思います。

今回はその問題の1つ。
「スマホの水没」に関する正しい対処方と間違った対処法についてお伝えしていきたいと思います。

あっとその時、スマホをドボン

トイレに持ち込んでドボン。
お風呂場にドボン。
洗濯機にドボン&ローリング。

スマホ自体の防水性能も上がってきたので、気兼ねなく水場でのスマホの使用をしている方も増えてきているかと思いますが、まだまだスマホの水没に困って駆け込まれるお客様も沢山いらっしゃいます。

水没させてしまった時は、スマホ自体のダメージもさる事ながら、精神的ダメージが非常にデカいもの。

「やばい、どうしよう??」

などとアタフタしてしまい、間違った対処法をしてしまって、余計に事態が深刻化してしまうケースが多いのです。

水没させてしまった時にやってはいけないことベスト3

まずは正しい対処方の前に、水場にドボンさせてしまった時のやってはいけない行動ベスト3です。

①電源を入れる
…これが実は1番やってはいけない行動です。
ドボンさせた後、画面が真っ暗になってしまって「やばいやばい」と焦って電源ボタンを連打してしまう。
内部の基盤がショートしてしまう可能性が高くなりますので、絶対にやめてください。
もし画面が真っ暗になっていない、普通に使える状態だったとしても、電源オフにしたり、充電器にさしたりしないでください!

②ドライヤーをあてる
…これも大きな間違いの一つ。
そもそもスマホには温度センサーがついています。急激に温度があがると、異常が起きたと認識して、『高温注意』というような表示がでたりします。
それにより、エラーが引き起こされ、結果二次災害。余計に壊れる要因になります。

③スマホを動かす
…動かすことによって、中に入った水をスマホの中身にくまなく浸透させることになってしまいます。
余計な故障箇所を作ってしまうことになりかねません。
二次災害が起きて、壊れる箇所が増えてしまう恐れがありますので注意してください。

水没させてしまった時に1番いい対処法は…

じゃあ水没させてしまったらどうしたらいいの??

答えは一つ。

「なにもしないで、修理店に連絡する」です。

①ドボンした。
②即座に水場からスマホを引き上げる。
③安全な場所に置いておく
④水没修理対応をしている修理店に行く。(ケータイ2台持ちやPCなど、他の連絡手段をお持ちの方は、取り急ぎ修理店に連絡する)

フローは以上です。

①から③まではスマホを使おうとしないでください。
いじくりまわすのもNGです。
基本放置がベストです。

重要なのは③から④の時間。
ここの時間を1分1秒でも「早めに対処をする」ということです。

早めに対処をすれば、高い確率でデータがそのままの状態でスマホは復活します。

最後に

スマホを水没させてしまった時は

・落ち着いて即座に水場からスマホを引き上げる。
・水没したスマホはいじらず、他の連絡手段でお近くのオンデマンド修理店(水没対応している修理店)に連絡orお店へ直接ゴー。

これがベストな対処方になります。

メーカーの修理は基本的に「交換対応」なので、端末は有料で交換出来るかもしれませんが、データは必ず消えます。
水没する直前までの、そのままの状態で使いたいということであれば、お近くのオンデマンド修理店にご連絡して修理をすれば、データもそのままにご使用出来るかもしれません。
もちろん弊社が運営しているオンデマンド修理店「アイリメーカー」でも水没復旧修理は承っておりますので、水没して困った際はお近くのアイリメーカーに連絡してみてください!

i+Remakerホームページ⇒ www.i-remaker.com




関連記事

コラムニスト

『レディオブック株式会社 代表取締役/CEO』、『⼀般社団法⼈ドローン協会理事補佐』  1980年2⽉21⽇⽣まれ。 ⻘森県弘前市出⾝。 二児の父。 ⼤学在学中はバンドマンとしてインディーズデビューを果たす。 卒業後は格闘家・⽥村潔司に弟⼦⼊りし、プロ格闘家としてデビュー。 さらに個⼈事業主を経て、株式会社を⽴ち上げるという異⾊の経歴をもつ。 ⽇本で初めてTSUTAYAにiPhone修理サービスを導⼊し、成功を収めた。 2015年にオンデマンドiPhone修理ブランド「i+Remaker(アイリメーカー)」を⽴ち上げ、全国55箇所に展開し、現在も益々エリアを拡大中!

DAILY RANKING