芸能
2017年11月08日

放送作家的「芸能ベタ褒めコラム」

業界からも愛される小島瑠璃子の"2つ"の魅力

✔︎
放送作家的「芸能ベタ褒めコラム」
✔︎
業界支持率も高い"小島瑠璃子さん"
✔︎
"こじるり"が愛される2つの魅力とは!?
タレントとしてメディアに引っ張りダコの小島瑠璃子さん。
そんな小島さんは、先月、生放送されたテレビ東京「池上彰の総選挙ライブ」にリポーターとして出演していました!
番組では、選挙・政治という重苦しいコンテンツに対し、わかりやくリポートされていましたよね!

そんな小島さんを見て、ネット上では、
「自分の言葉でよどみなく状況を伝える力量は局アナ以上」
「的確、聞きとりやすい、かわいいという三拍子がそろっていた」
「センスがすごい」
「分かりやすい」など
絶賛する声が多数あがりました!

まさに、選挙に釘付けなはずの視聴者は、「小島瑠璃子に釘付けになった」ということですね!

そんな小島瑠璃子さんの魅力は一体どんなところにあるのでしょうか?

努力と思わない努力

私は小島さんの魅力を大きく2つに分けると、「努力と思わない努力」と「自然体」。
この2つだと感じております。

まず、1つ目の努力に関してですが、私が小島さんを見たとき「勘が鋭い人」という印象がありまして、その結果、テレビで的確なコメントを言って常にバラエティ番組でヒットを打っているのだと感じました。

しかし、様々な業界人の方々に小島さんの事を聞くと、「努力の人」という声を上げる人も多いのです。
例えば、テレビのトーク番組の事前アンケート調査で、書くことに困らないように日頃からメモをとっている。
とか、テレビに出て活躍する為に、「テレビをよく視聴している」と伺ったことがあります。

このような行動ってなかなかできるようでできない事の方が多く、影で努力しているんだな〜と感じた訳ですが、小島さんのさらに凄いことは…
この努力を努力と感じていない!ということ。

テレビなどは、視聴していると楽しくなって深夜まで見てしまい、寝不足になることもあるというお話も聞きました。
勉強という感覚があれば、「この番組を参考にしよう」「録画してチェックしよう」などと思うのでしょうが、小島さんは「ただ、テレビを見て笑っているだけ」ということらしいのです。

きっと、テレビ視聴の最中に努力と感じることはなく、「これ参考になるな!」「この切り替えしは使えるな!」と、自然に意識できているのでしょう。
まさに、息を吸っているかのように、テレビから自然とスキルを吸収していると言えます。

その為、制作陣や視聴者が何を求めているのか?を瞬時に判断することができ、制作側からは「使いやすい!」視聴者側からは「好感度があるタレント」になるのだと考えます。

テレビ視聴者の代表! 自然体の小島瑠璃子

もう一つの魅力、「自然体」である。ですが…
全ての言動、行動に置いて「身の丈にあったリアル」を小島さんは発信していると言えます。

芸能人をやっていると、「1日でも長くテレビに出ていたい!」「売れる為に、何でも頑張る!!」みたいな人が多いです。

しかし、小島さんからは「がっつき」が感じられないんですよね。

必死なことが悪い訳ではないですが、自然体でテレビに出演する姿を見ていると、「お茶の間でテレビを見ている視聴者と同じ立ち位置」にいるように見えてしまうのです。

「スタジオに出演しながらテレビを見ている人が小島瑠璃子!」そう感じます!

きっと、テレビ視聴者もそう感じる人は多いのではないでしょうか?
ですので、私は「小島瑠璃子は視聴者の代表としてテレビに出演している」と、考えています。

視聴者が違和感を持つような事を発言すれば、代表にはなれません!
本当に視聴者が感じるような事をスタジオで発言しているので、小島さんは視聴者に嫌われることがないのだと思います!!

最後に

小島さんの魅力!
それを感じたメディアの方々はバラエティに留まらず、報道やスポーツなど多方面に渡っており、これからも、小島さんに魅せられる人は増えることでしょう。

私も、もちろん、小島さんに魅せられた一人!
これから、どんなジャンルにチャレンジしていくのか?
楽しみでなりません!

関連記事

コラムニスト

太田プロダクションでピン芸人・芦沢教授として活動。 退社後には、タレントJOY とコンビを結成。2009年の解散を機に、 放送作家・芦沢忠助教授へと転身。民放各局・数多くの人気番組を担当中。 また、企業への企画提案や、大手モバイル企業や IT 企業、一部上場企業の CM やイベント企画にも携わり、 IT 企業や一部上場企業からは「コンサル」や「セミナー講師」としての依頼も多く、幅広く活動中。

DAILY RANKING