✔︎
もやもやした気持ちを解消せずに放っておくと心身不調の原因に・・
✔︎
症状が重くなってからでは遅い?!
✔︎
そんなときにオススメなのが「旅」♡
✔︎
旅をすることのメリットをご紹介します♪
夏も終わり、涼しくなってきたこの季節。なんとなく身体がだるい、やる気が出ないと心身の不調を訴える人が増えています。

もやもやした気持ちを解消せずに放っておくと、不眠や集中力の低下、やる気減退、身体的不調などの原因となります。また、考えないようにと蓋をしてしまうと、一時は日常の生活が送れたとしても、何か小さな出来事がきっかけとなり蓋をしていたモヤモヤが爆発して、通常よりも落ち込みが酷くなってしまいます。症状が重くなってからでは回復するのに時間がかかってしまうため、ストレスを溜めずにこまめに発散しましょう。
今回はこころに多くのプラスの影響をもたらす「旅」のメリットについて紹介します。

モヤモヤしている人
今の状況を変えたい人
新たなアイデアを求めている人
壁にぶつかっている人

当てはまる人は、1度旅に出てみることを選択肢に入れてくださいね。

《旅がおすすめの理由》

①仕事が忙しく充実している人ほど、休むことを怖がりますが、日常の環境から離れ自然と触れ合うことで心身共にリフレッシュでき、ひらめき力がアップします。また、視野が広がり別の角度から物事を捉えることができるようになります。デスクに向かって考えても答えが出なかったことのヒントが見つかるかもしれませんよ。「仕事が趣味」となっている人は要注意ですので、旅に出て仕事から離れる時間を作りましょう。身体、こころ、思考のあらゆるストレス発散に効果的。

②普段と違う環境に身を置くことでこころが軽くなることも。直接的な解決に至らなくても、モヤモヤしていたことが急にどうでもよく思えるようになるケースも少なくありません。実際に旅に出て雄大な自然を感じたことで、自分のコンプレックスや悩みがちっぽけなものに感じるようになったという声も。

②自分と向き合う良いきっかけになります。様々な文化に触れ、知らない人と接することで、自分の良さを新たに発見できたり、自分の周りの環境が恵まれていることに改めて感謝できたりするかもしれません。普段自分について考える時間を持てない人が少なくありませんので、自然が溢れたあたたかい環境で、自分や今後についてポジティブに考えてみると、頭の中がスッキリします。

《オススメ旅プラン》

★温泉旅★
自然溢れる場所で、太陽の光を浴びて自律神経のバランスを整え、綺麗な景色を眺めることでこころを動かしましょう。ヨガやサイクリング、温泉などで汗を流してストレス発散も。三食のごはんはその地で取れた旬の食材をいただいて、感謝しながら美味しく味わいます。ゆっくり温泉につかりながら一年で頑張ったことを自分自身で褒めてハッピーな気持ちに浸りましょう。

★物作りの旅★
陶芸や和紙作り、草木染めなどの自然と触れ合える体験ができると良いですね。何かを創造しているときや、集中しているときは自然とストレスが発散されています。形として完成したときには達成感を味わうことができますし、こころが動きます。また自画自賛して自己承認欲求を満たすこともできます。粘土を使うカウンセリング療法があるくらい、指を使うことにはリラックス効果がありますよ。

★微笑みの国”タイ”もオススメ!★
「人は悲しいから泣くのではなく泣くから悲しいのだ」というジェームズ・ランゲ説があります。身体変化が情動に影響を与えると言われているのです。意識的に口角を上げて笑うことで自然と気持ちも軽くなりますよ。11月〜2月は1番過ごしやすい季節なので年末旅行にも最適。

★世界遺産★
現実離れした別世界を味わうことで、世界観が変わったという人が多数。何か壁にぶつかって解決の糸口が見えない人にオススメ!また、壮大な自然の音や香りにはリラックス効果が期待できます。

最後に

今はどうしても時間が取れないという人は日帰り旅行でも良いですし、旅行本などを見ながら自分の理想の旅をプランニングして妄想するだけでもリフレッシュになりプラスの効果がありますよ!

関連記事

コラムニスト

「やまな mental care office」を東京青山に開設。心の専門家としてストレスケア、ビジネス、恋愛等、日常のありとあらゆる悩みへのカウンセリングを行っている。まだまだカウンセリングに対する偏見の多い日本で、その大切さを伝えるために、テレビ、雑誌などのメディア出演や講演会など、幅広く活動している。著書に、『バカ力』『一瞬で「できる男」と思わせる心理術』『幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法』などがある。

DAILY RANKING