医療・育成
2017年10月12日

現役のお医者さんによる”医者への道のり”

現役の医師が教える!最強の勉強法7選

✔︎
医者を目指して日々勉強に励んでいる方必読!
✔︎
受験などにも役に立つ!
✔︎
現役の医師が効率の良い勉強方法を伝授
こんにちは!放射線科医のshinです!
勉強法っていろいろあるけれど、結局なにをしたらいいの!?
どうしたら成績が上がるの!?
そんな疑問に全力で応えたいと思います!

大学受験、医師国家試験など数々の試験をくぐり抜けて来た、僕が考える最強の勉強法を7つご紹介します。

最強の勉強法7選

1. ひたすら過去問を解く

なんのひねりもありませんが、これが最強かつ最速の勉強法です!

人間の脳は自分で考えて行動したときに記憶に定着します。
過去問を解くことは、自分の知識を活用して自分の頭で考えることになるので、記憶に残りやすいのです!

さらには、過去問を解けば問題の傾向もわかりますし、試験に合格するには何が必要なのかがわかるようになります!


2. まとめノートをつくる

正攻法ですが、これも有効な方法です!
知識を紙に書き出すことでアウトプットすることになりますし、あとで見返した時に記憶がよみがえりやすいです。

ただ、まとめノートの問題点は、時間がかかることですね。
時間がたっぷりあるときは有効ですが、余裕がないときは逆に非効率になりますのでオススメできません!


3. ラインマーカー勉強法

これは時間がないときに有効です。
参考書や、過去問で間違えたところにラインマーカーをひきまくるだけです。
余計なことは一切しません!

この勉強法のメリットは、効率的に本を読み進めることができることです。
サクサクと進むことでモチベーションも保てますし、サクッと終わらせて2周、3周と繰り返し学習することで記憶にも定着しやすいです。
この方法はかなりオススメです!


4. スキマ時間勉強法

移動時間やちょっとした空き時間も貴重な勉強のための時間になります。
単語カードや、スマホの勉強アプリを使えば、スキマ時間も有効につかうことができます!

Podcastなどで英語の勉強をするのもオススメです!
移動時間にひたすらPodcastを聞くことで、リスニング能力アップが期待できます!


5. 『その場で覚える』

勉強で最も大事なことは、『その場で覚える』!
これを意識することです。

「そんなことできないよ!」という声が聞こえてきそうですが、実際、覚えなくてもいいのです。
というか、一回で覚えられる人は多くないですし、それが出来たら何も苦労しないですよね(笑)
僕も出来ません(笑)

大事なのは
『いつか覚えよう』と考えるのではなく、『今、覚える』ように意識することです。
これだけで結果は全然違ってきます。


6. 復習あるのみ!

そうは言っても、通常、一回勉強しただけで覚えられるように人間の脳は出来ていません!
脳は反復することでしか記憶には定着しないのです。

・まとめノートをつくる
・ラインマーカーをひく

こうして、勉強の足跡を残しておきます。
するとあとで振り返って自分が勉強したという事実が確認できるので、見返したときに記憶がよみがえります。


7. やる気がないときは勉強しない

これもとっても大事なことだと思います!
やる気がない時に勉強をしても効率が悪いです。

僕の経験上、頭のいい人は全員、勉強を楽しんでいます。
勉強それ自体を楽しんでやることが、もっとも大事なことだと思いますね!

なので、やる気がなくて勉強を楽しめない時は、思い切って勉強は一切せず、リフレッシュするのがオススメです!

最後に

以上、現役医師が教える!最強の勉強法7選でした!
ぜひ、勉強の参考にしてみてください!