美容・ダイエット
2017年10月19日

自分で出来る!毎日ボディケア生活

安眠&寝起きスッキリ♪「肩甲骨ストレッチ」

✔︎
「朝から体がだるい…」そんなときはありませんか?
✔︎
その日の疲れはその日に解消しましょう!
✔︎
おうちで簡単にできる!肩甲骨ストレッチをご紹介♪
✔︎
これであなたも良い1日を迎えることができるかも。
朝から肩こりが…体がだる重い…と感じる事はありませんか?
嫌な気持ちで1日のスタートを迎えますよね。

辛い時どうしていますか?と聞くと「腕を回している」「首を動かす」!
おしい!そこまでしているなら肩甲骨を動かし少しでもいい朝を迎えましょう♪

ぜひこれからご紹介する「肩甲骨ストレッチ」を日常に取り入れ、「その日の疲れはその日に解消」を目指しましょう!


肩甲骨の柔らかさの判断は?

判断基準がないと毎日の確認ができませんよね!
まずは簡単に確認してみましょう!

姿勢を正し目線は真っ直ぐ。片腕ずつ肘を伸ばした状態で前から後ろまでゆっくりあげてみましょう♪正常の柔らかさであれば”耳の後ろ”までぐーっといきますよ!
耳の横で止まっている方、耳まで到達しない方、肩甲骨の柔らかさが減っているかも…
でも大丈夫です!!毎日数分で柔らかい肩甲骨を作りましょう♪

まずは肩甲骨を大きく回す!

”肩甲骨の周囲の筋肉が固まり、肩甲骨が動きにくいので上半身に重だるさが残る”
それなら単純に肩甲骨を動かせばいいのでは?しかしこれが以外に難しいのです。

まず片方ずつ!脇に腕をつけたまま大きく前から後ろに回して行きます♪
★ポイント★
「鎖骨」も一緒に回す意識で肩甲骨との”連動性”を感じましょう!
鎖骨と肩甲骨は関節になっているので、一緒に動かしてこそ大きく回している事になります。
10回大きく回すだけで十分です!暖かくなってきますしこの時点で腕は上がりやすくなりますよ♪

平泳ぎ運動♪

次は平泳ぎ運動を行い肩甲骨周囲の血行を良くしていきます♪
左右の肩甲骨をギューッと引き寄せます!両肘を後ろに引く感じでアゴは軽く引いておきます!
約5秒止めてください!
そこから腕を前に突き出すと同時に”肩甲骨の間を広げる感覚”で伸ばしていきます♪
この時は首も前に倒しながら行い約10秒ほど止めます!
一連の動きを5~10回繰り返してくと、血が流れてるー!と実感できると思いますよ♪

最後に

簡単に変化が分かる仕方をお伝えしました!普段から藤原もセルフケアとして行っています♪
いい朝を迎えれるようにぜひ試してみてください!

関連記事