✔︎
なぜか気になってしまうフリーアナ、 田中みな実さん
✔︎
女の厄年を前に、肘ブラヌードを披露
✔︎
過去の失恋もネタにできる精神の強さも・・・

ぶりっ子女子アナがいつしか女性誌で活躍

ここ最近、ネットニュースでよく田中みな実さんの話題を目にします。8月上旬からも、
「田中みな実、ウェディングドレス姿を披露 結婚時期に言及」
「田中みな実、ランジェリー姿で“モテるカラダ”解禁 『触りたい』美ボディの秘密に迫る」
「田中みな実“肘ブラ”で美乳大胆披露 『anan』恒例企画で表紙に抜擢」
と、「モデルプレス」の見出しを並べただけでも、ひとりでウェディングドレスを着て、そのあと脱いで下着になって、最終的には肘ブラ姿に。「みんなのみな実」と疑似結婚できたような感覚です。そして、オチが「アンガールズ田中、田中みな実の“肘ブラ”披露 藤森慎吾が見守る」 でした……。

セミヌード以外には、バラエティ番組での元カレについての別れの真相告白(フラれたそうです)もあったり、いい意味で開き直って、自分を解放しているかのように見えます。
 
2017年は、女の業が吹き出した年でもありました。新興宗教に入り不倫を告白した新進女優、さらに度重なる女優や国会議員の不倫、芸能界の裏情報を暴露するタレント、不倫が明らかになった女性議員、夫のバイアグラ使用や不倫について声高に喧伝する女優、秘書を罵倒したり赤ちゃん言葉になる女性議員、etc……。世の女性の理性はいったいどうなってしまったのかと思わされる事件が続発。隠し事ができなくなる年回りだったのでしょうか。でも、田中みな実さんのようなさらけ出し方なら歓迎できるのではないでしょうか。

肘ブラにまつわる男のロマンと女の嫉妬

とにかく彼女の肘ブラ&膝ブラヌードは美しく、ウエストも絞られていてまさに理想のボディでした。うっすら腹筋も割れかけているような……。「モデルプレス」の記事によると、下着の跡が付いてしまわないように、最初半裸シーンから撮影をスタートし、その脱ぎっぷりに一同は感服したそうです。
 
「週刊実話」にはもっとえげつないことが(妄想交えて)書かれていました。撮影時には「自然体で臨みたい」とニップレス使用を拒否し、肘ブラの角度を自ら提案している時、何度も乳首が見えてしまったとか……。その色は薄茶色で、男性経験を感じさせるものだったと、見てきたかのように色や形態まで詳しく書かれていました。サンジャポで、極太ソーセージをくわえたりしていた影響が残っているのか、常にエロいイメージを持たれがちです。でもそれも、裏を返せば、常に男性に注目され続けている証拠です。
 
女性誌では警戒心がゆるむのか、「美人百花」でも「田中みな実のモテるカラダ」という特集で下着姿を披露していました。痩せていても、柔らかさを残し、肌の質感を高めた理想の体。控えめながら自信が漂っていますが、今までは大きめの胸がコンプレックスで、局アナ時代はサラシを巻いて仕事をすることもあったとインタビューで語っています。「でも最近、せっかくあるものならキレイに保とうと思い」バストケアをスタートしたそうです。

以前、「今夜くらべてみました」で、一人の予定を詰め込んでいるスケジュール帳を公開していましたが、「美人百花」を見ても、かなりボディケアの予定を入れまくっているようです。「外ももと内もも、お尻のセルライト対策に、週1でDr.ボディのキャビテーション施術」(80分16000円)、「1ヶ月に2回のソリデンテの筋膜リリース」(21800円)、「週1でヘリオスの酵素風呂」(7200円)、「美馬メディカルエステでおっぱいケア」(27000円) さらにヨガやジムにも通っているとするとかなりランニングコストがかかっています。やはり局アナよりフリーの方が経済的に余裕があるのでしょうか。

番組では、美容系の予定を入れまくっている理由について「早く時間が過ぎればいいと思っている。だから予定をどんどん詰め込んでて」「仕事と仕事の空き時間も何か考えないように気を紛らわせている」「友達と約束してもドタキャンされるかもしれない。美容院、ジムの予約は裏切らない」などと語っていたようで、心の闇が深いです。
かわいすぎて嫉妬される→女友達がいなくなる→人間不信というループにハマっているのでしょうか。「みんなのみな実」だったことに疲れたのか「みんな敵だから」という発言まで。でも、日々磨いて手に入れた自分のかわいさは裏切らないです。同性の厳しい視線を浴びることも、彼女にとってはエステの刺激みたいなものなのかもしれません……。

最後に

前回の記事テイラー・スウィフトの攻撃力はこちらから。

関連記事