芸能
2017年07月08日

放送作家的「芸能ベタ褒めコラム」

世間は梅沢富美男さんの”老害”を求めている!!

✔︎
放送作家的「芸能ベタ褒めコラム」!
✔︎
梅沢富美男さんの本質を世の中が求めている!?
✔︎
炎上させている人からしたら、実は憧れの的!?
みなさま、初めまして!放送作家の芦沢忠助教授と申します。

今回、こちらのコラムはタイトルにもなっていますが、
“放送作家的「芸能ベタ褒めコラム」”ということで、
芸能記事や芸能ネタはネガティブな内容が多い昨今ですが、
「ネガティブな内容でもポジティブにとらえてみたい!!」
そんな“志”を勝手に持っておりますもので、
今回、このようなコラムを書かせていただくことになりました!!(笑)


さて、本題に入る前に…。
言座、ネット・SNS社会になり、誹謗中傷を書き込む方は数えきれません。
しかし、書き込む方々の本名は「非公開」。
顔も年齢も分からないことのほうが多く、「自分」という存在に気付かれないため、言いたい放題言えるワケです。

そして、たまに自分のコメントに反響があったり、炎上をしたとき、ちょっとした快楽を感じてしまい、
何かあるたびに匿名で誹謗中傷をする気持ちよさを覚えるのかと思います。

世間は梅沢富美男さんの”老害”を求めている!!

そんな、「炎上」と「芸能人」という2点を考えたとき一番最初に頭に出てきたのが…
2017年の上半期で最もブレイクしている芸能人は「梅沢富美男」さんなのでは!!と感じました。

梅沢富美男さんの炎上エピソードとは?

というのも梅沢富美男さんと言うと…
●コンビニでお酒とタバコを買った際に、年齢認証のボタンを押すように言われ激怒
●ファーストフード店でハンバーガーを40個も買ったのに「こちらでお召し上がりですか?」と店員に聞かれ激怒
●トイレで落とし物を拾い、警備員に渡したところ「拾ったのは男子トイレですか?女子トイレですか?」と確認され激怒

など、様々な珍エピソードでお茶の間を賑わし、そのたびにネット上で大炎上しています。

梅沢冨美男さんの本質を世の中が求めている?

梅沢冨美男さんは、テレビに出るたびに怒っているようなイメージがある事から「老害」と言われるようになったとか。

そんな「老害」。
一般的には組織に災いをもたらす事から敬遠されていることがほとんどなはずなのですが…
なぜかこの梅沢富美男さんの「老害」だけは、テレビやSNSで欲している傾向があります。

それは、なぜか?

私は、「梅沢冨美男さんの本質を世の中が求めているからでは?」と考えます。

梅沢冨美男さんはというと、世の中の理不尽な出来事をテレビから面と向かって視聴者に問いかけています。
これは、匿名で誹謗中傷している人から見ると「憧れ」なのではないでしょうか?
匿名の人も自分のコメントに反響があるたび、「本名を公開してみたい」と、そう思う方もいるそうです。
また、梅沢冨美男さんは世間の方々が一度は疑問に思った事を自分のエピソードと軽快なトーク術を織り交ぜ、熱量を持って語ってくださいます。

最後に

そのため、「老害」とはいえ「共感」をしてしまう視聴者も多いわけです。

ネットやSNS全盛期の現在、あえて顔をオープンにしてSNSで書き込みたいような事を、堂々とコメントする梅沢冨美男さん。

そんな梅沢冨美男さんの本質を、ネット住民は憧れの存在として位置付けているのでしょう。

最後に…梅沢冨美男さんのこれからの「老害」も期待してなりません!

関連記事

コラムニスト

太田プロダクションでピン芸人・芦沢教授として活動。 退社後には、タレントJOY とコンビを結成。2009年の解散を機に、 放送作家・芦沢忠助教授へと転身。民放各局・数多くの人気番組を担当中。 また、企業への企画提案や、大手モバイル企業や IT 企業、一部上場企業の CM やイベント企画にも携わり、 IT 企業や一部上場企業からは「コンサル」や「セミナー講師」としての依頼も多く、幅広く活動中。

DAILY RANKING