芸能
2017年09月07日

放送作家的「芸能ベタ褒めコラム」

マツコ・デラックスに文句を言われたい人が急増中!?

✔︎
放送作家的「芸能ベタ褒めコラム」
✔︎
今やテレビで観ない日はない、マツコ・デラックスさん。
✔︎
絶妙なコメントが視聴者を魅了している!
✔︎
そんなマツコさんが、唯一ネットで炎上した事件とは・・・?
✔︎
暴言は”優しさ”である!?
今やテレビで観ない日はないといっても過言ではない、大人気タレントの一人、マツコ・デラックスさん。

「世間」という身近な事柄をアウトローからバサっと切っていく、その原動力は天性的なセンスを感じ、私もいくつかの番組でマツコさんとご一緒させて頂いたことがありますが、「本当にこの人は凄い人だ!」と感じました。

しかも、私など、ただのいちスタッフに過ぎず、顔も名前も覚えてもらえていない立場なのに、毎年お年玉を頂戴しています。

その都度、マツコさんの繊細さも感じるのですが、この天性的なセンスに繊細な人間性がマッチすると、人が言えそうで言えない絶妙なコメントが出来る訳ですよ!

その結果、マツコさんに魅了される視聴者が増えたり、マツコさんに「美味しい」「これすごい!」と言ってもらいたい企業も増えたんでしょうね。

”女子アナカラコン問題” 実際のところ久保田アナは嫌な思いをしたのか?

そんなマツコさんですが、先日ネットでちょっとだけ炎上した事件がありました。

それは、「女子アナカラコン問題」。
マツコさんがテレビ朝日のバラエティ番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、共演中の久保田直子アナウンサーのカラコン着用に対し、「もう歳なんだから、やめた方がいいよ」と批判した問題です。

この問題に対し、「30代女性のカラコンはアリかナシか」の賛否がネット上では噴出し、「誰がカラコン入れようと勝手!」「年齢を理由に人前で批判するのか!」など、否定的な意見もあったようなんですね。

つまり、この否定的な意見をまとめて考えてみると、
「マツコさんにカラコンを否定された30代の久保田アナは嫌な思いをした」
ということになるわけですが…
実際のところ、どうなんでしょうか?

マツコさんの暴言は”優しさ”である!

私は、久保田アナではないので真実はわかりませんが、その後の番組を観るかぎり、「久保田アナはなんにも気にしていないどころかカラコン問題をきっかけにキャラが立って、観やすいアナウンサーになったのでは?」と感じるんです!

この番組が始まった当初は、ワイドショーなどに出ている久保田アナしか知らず、どのようなキャラのアナウンサーなのか解らない人も多かったと思います。

しかし、カラコン問題を機に、「30を過ぎて若作りを頑張っている女子」という解りやすいキャラが確立されたと思うんですよ!
(そのキャラを本人が良いと思っているかはわかりませんが…)

おかげで、より久保田アナの番組での立ち位置もはっきりしたことで、視聴者も番組が観やすくなったのではないでしょうか?

これって、私は「マツコさんの優しさ!」なんだと思うんです!
暴言を吐いているように見えるマツコさんが我々にお年玉をくれる繊細さを持っている事を考えると、「久保田アナを活かしてあげたい!」そう思ったマツコさんがカラコンを利用して、久保田アナのキャラを引き出してあげたと私は思えてなりません!

ですので、久保田アナは文句一つ言わず、番組に出ているとも感じます。

最後に

以上のことから、マツコさんに良い事だけでなく、悪い事や文句を言ってもらえることで、テレビという世界で生きていく道しるべが見えてくるのかもしれません。

そう考えると、将来や自分のキャラクターで悩んでいる芸能人やアナウンサーの人は、マツコさんに文句を言ってもらいたいでしょうし、きっと、このカラコン事件を機にマツコさんに文句を言ってもらいたいテレビ関係者は増えているに違いないと感じます。

私も是非機会があれば、マツコさんにボロクソ言ってもらいたいですね!(笑)

関連記事

先月、最も話題になった芸能ニュースの一つが、AKB48選抜総選挙で結婚宣言をしたNMB48の須藤凜々花さんが、その後会見をしグループから卒業すると発表したニュース。 芸能界からも多くの賛否の意見がぶつかり合っていて、「1人のアイドルのことでここまで世間が動くのか?」と驚いた程です。 ちなみに、私個人的な意見を言いますと、今回の結婚宣言は「場所が悪かっただけ」という見解です。 つまり、須藤さんの結婚に関して、私は肯定的に捉えています。 というのも、恋愛禁止を銘打っているアイドルの世界で「こっそり恋愛している人」はきっとたくさんいるはず。 そのことをバレないようにやっているのでしょうが、須藤さんは文春にスクープされたこともあり、先に発表してしまったわけです。 でもその場所がブログやツイッターなどなら問題はないのでは? ファンが投票し、その結果を発表する「総選挙」。 さらには、グループ全体のイベントですので、そこで発表したのが良くなかっただけで、ブログで「結婚します」と言って選挙を辞退し、後日会見をすれば、もうすこし穏便にすんだのではないでしょうか? もし、仮に須藤さんが炎上商法を狙ったのであれば総選挙での結婚発表は、「してやったり!」かもしれませんが(笑)

コラムニスト

太田プロダクションでピン芸人・芦沢教授として活動。 退社後には、タレントJOY とコンビを結成。2009年の解散を機に、 放送作家・芦沢忠助教授へと転身。民放各局・数多くの人気番組を担当中。 また、企業への企画提案や、大手モバイル企業や IT 企業、一部上場企業の CM やイベント企画にも携わり、 IT 企業や一部上場企業からは「コンサル」や「セミナー講師」としての依頼も多く、幅広く活動中。

DAILY RANKING