✔︎
肌を綺麗にみせるには?
✔︎
色むらを整えるコスメをご紹介♡
✔︎
コンシーラーの選び方
✔︎
ツヤ肌とマット肌の特徴と作り方♪
こんにちは!かじえりです。
前回は夏の崩れにくいベースメイクを紹介しました♡(⇒こちらをクリック)
今回はずっと使えるベースの知識について書きたいと思います。

どうやったら肌が綺麗に見える?

肌を綺麗に見せるには、トラブルを隠すだけではなく、色ムラを整えてあげることが1番大事!特に、目元のくすみ(クマも含め)、口周りのくすみ、目尻や小鼻の赤みetc…口周りのくすみは特に年配さんに多く、口周りが明るくなるだけでグッとお肌が綺麗に若々しく見えます!
目元のくすみは若い方にも多く、主に色素沈着でかすんでいる方が多いです。くすみや赤みはコンシーラーではなく、コントロールカラーで色むら補正をしましょう!

コントロールカラーの効果とは?

コントロールカラーは化粧下地としても使われることが多いですが、化粧下地の後に部分使いをしていくとより効果的です!イエローはくすみや赤みなどを色ムラ補正してくれるので、万能なカラー!目元に軽く伸ばし、口周りや、小鼻の下の部分に薄く伸ばすと色ムラ補正されます♫
個人的にはipsaのイエローがオススメ!イエローの中にベージュも含まれているので肌馴染みもいいです☆

コンシーラーの色の選び方は?

コントロールカラーだけでは隠せないトラブルはコンシーラーでカバーしましょう!コンシーラーは明るすぎても暗すぎてもダメ!色は自分の肌より0.5トーン暗い落ち着いた色味を選びましょう☆

顔は普段しっかりケアをしているので肌だけ明るい可能性があるので、首やデコルテあたりの色に合わせ、色選びをしましょう♫

ツヤ肌とマット肌はどういう効果があるの?

・【ツヤ肌】健康的で生き生きとした素肌感のあるお肌、若々しくみせたいときなどに使う方法♡リキッドファンデーションや、クッションファンデーションで作ると効果的♫

・【マット肌】陶器のような毛穴レスでふわっとした肌心地、ツヤ肌に比べるとやや大人っぽくみえる方法。パウダーファンデーションまたは、マットタイプのリキッドファンデーションにお粉を叩いて作ると効果的♫

どちらもお肌をより綺麗にみせる方法ですが、ツヤ肌とマット肌でも違った効果があるので特徴を生かしてメイクをすることが大事です☆

最後に

いかがでしたか?
お肌はカバーすればいいというわけではなく、色ムラ補正やベースメイクの作り方で効果が変わっていきます☆理解してベース作りをするといろんな顔を楽しめるので、是非参考にしてみてください♫

関連記事